志木での育児記録

子供が駆け回った時に追いつけるか心配な40代父の記録

段ボールトンネルをつくる

コストを抑えて遊ぶものを準備

子供のおもちゃは多種多様で、いろんなものがトイザラスに並んでる。家の中の滑り台やらおもちゃやゲーム等たくさんある。安全に気を使っているとても良いものたちなのだけど、たくさん買いすぎると家計がしんどい。

段ボールでトンネルをつくる

保育園で遊んでいる写真をみせてもらったら、木枠のトンネルを楽しげにとおっている子供の姿があった。段ボールで作れば格安だ。壊れても何度も直せる。

すぐ調べてみると、たくさんのブログがヒットした。みなさん考えることは同じですね。いろんなトンネルがあり、中にはかなり凝ったお城的なのもあってすごかった。

段ボールトンネルで注意するポイント

子供がとおるので、製作には以下の点を注意した

  1. 手を切ってしまわないようにガムテープで徹底的にカバーした。紙は鋭い刃物なので不用意に子供が触れたらさっくり切れてしまって大ごとになる。トンネル怖いなんてトラウマを植え付けてしまったら大ごとだ。保育園怖いにもつながりかねない。とにもかくにも、貼りすぎ?というくらいガードした。

  2. テープや紙はしなどはがれそうなものを取り除いた。なんでも口に入れてしまうお年頃なので、はがれてしまったものを口に入れかねない。テープの端とか食べても毒ではないかもしれないけど、人が食べるものではないので入念にチェックした。

f:id:jtw:20201019133424j:plain

結果は上々

子供にみせたところ、ぜんぜん遊び方がわからないという感じだったが、トンネルの反対側からのぞいたらニッコリわらってこちらにほふく前進してきた。トンネルを抜けるかどうかのところで急に後退していったりまた前にいったり。ずっとは遊ばないけど、たまに気になって遊ぶくらいの役割を果たしてくれた。

さらなる工夫もできる

窓をつけてみたり、上に首を出せるようにしてみたり、いろんなブログで紹介されている方法があった。ケガをしないように気を付けたいけど、何よりも楽しんでくれる姿がうれしいのでさらなるバージョンアップを目指そうと思う。お絵描きが好きな子は絵柄を書き始めるだろうし、キラキラした折り紙を貼ってもよさそうだ。アンパンマンの絵を貼るのもいい。

父親だからできること

こういったハサミやガムテープを使った遊具づくりこそ、お父さんの出番だなと思った。世のブログはけっこうお母さんが作っているのもあったけど、お父さんならではのこだわりと楽しさを作れたらよいと思う。ただし、凝り過ぎてお金をかけすぎたり、危ない遊具になった瞬間に怒られるので要注意だ。

義父の故郷に納税し、故郷の米を墓前に供える

ふるさと納税はあまり好きじゃない

「納める税金があるならふるさと納税で美味しいものを食べよう」といったことを否定しない。でも自分は好きじゃない。自分が生まれ育った故郷を応援する気持ちでふるさとへの寄付を行うのならやりたい。

私の故郷は政令指定都市の中でも有数の税収をほこる自治体なのであまり困っている気がしない。今暮らしている自治体の方が苦しい気がするので地元への納税を優先したい。そう思っていままでこの制度を利用したことがなかった。

ぐうぜん、義父の故郷のふるさと納税が目に入った

何となしにふるさと納税のメールをみて、そこに義父の故郷の名前を見つけた。

義父は亡くなっているのだけど、とても故郷を愛していたと聞いている。晩年は故郷に帰りたいといつも言ってたみたいだ。若くして上京し、家族ができて暮らして、晩年を迎えた、そんなときに人は故郷に帰りたくなるんだろうか。

私はその町に行ったことがないし、どんな場所なのかも知らない。日本全国どこでもイオン化といった流れの中で、行ってもあまり変わり映えしない光景な気もする。私の目にはごく普通の光景が、義父の目には違うようにうつったのだろう。自分が駆け回った日々が思い起こされたのかもしれない。嫌な思いをした場所もあったのかもしれない。年をとると、苦みにも似た光景ですら懐かしくなるものだ。

そんな故郷への納税・支援は悪くないんじゃないかと思いたった。墓前にご飯を炊いてお供えしようと思った。時は秋、新米の季節。別に有名なブランド米でもない普通に美味しいお米なのだろうけど、きっと義父からすると特別なお米だ。

義父の故郷のお米を子供が食べる

なんだか不思議な気分だった。ゆかりのある土地と水で育ったお米を自分の子が食べている。仏前の写真でしかみたことがない人の故郷のお米だなんてことは何も知らずにこの子は食べている。美味しそうだ。満面の笑みだ。良かった。

ふるさと納税をこれからも活用しようと思う

その地にゆかりができた者として何かしらの貢献ができたらよい。一回利用するとやってくる「お得ですよ!お肉あるよ!」の宣伝メールには辟易するし、年末に向けてさらに増えてくのだろうと思う。

でも、何かしらの縁をそこに感じて、そこに出かけてみたいと思うようになるのならば、このふるさと納税の意味はあるのかもしれない。今回私は親類縁者としての縁だったのだけど、ふるさと納税を機にその場所を訪れることがあるのなら良い効果を生むのだと思う。

お手伝いハラスメントに気を付ける

手伝うこともハラスメント

育児や家事を夫が手伝うとハラスメント(=嫌がらせ)にもなりうるという話を聞いた。ハラスメントは相手が嫌だと思ったら全部ハラスメントだ。今日みかけた「ロジハラ(=ロジスティックハラスメント)」も正しいことを正しいと主張するとハラスメントになるというものだ。 普段やらない夫が主婦の家事を「手伝う」際に頼まれてやるか、自分で見つけてやるかといった問題がある。どちらにも罠があり、どちらにも感謝の種がある。

頼まれてからやると「主体的ではない」という批判にさらされる可能性がある。「いわれないとうちの旦那やらないんだよね~」といった愚痴につながる。夫側からすると主婦の領分に手を出すのはよくないと控えていたりするが、「何で自分ばっかり」という目線になっていたらそこはまずい。

自分で見つけて勝手にやってしまうと100%怒られるだろう。結果的にそれがどんなに役に立つことでも絶対にダメだ。任されてやっている側からすると手出しされたらいやなものだ。いうなれば、自分の整理整頓した本棚を並び替えられるようなもの。ジャンル別に分けてたのに、本の高さ別に並び替えられたら嫌でしょう?どちらも間違っていないけど、嫌な気持ちになる。やる前に一言いえばよいのだ。コミュニケーションまじ大事。

産後うつの妻の家事を手伝っているケース

増田で見かけた下記の記事はいろいろと難しいと感じた。

anond.hatelabo.jp

妻の負担を減らそうと、自分なりには努力しているつもりだ。子どもの朝の離乳食とおむつ替え、夜のお風呂、洗濯物畳み、ごみまとめ、週末の掃除と買い出しはやっている。家事負担を減らそうと食洗器とドラム式洗濯乾燥機も導入済。家事で負担になってることや、自分にやってほしいことはないかと聞くと、妻は「ない、十分やってもらっている」と答える。

これらの手伝いは何とかしたいと思う増田の優しさなのだけど、これすらもハラスメントになる可能性がある。「主婦としてあなたは未熟」ということを突き付けられていると感じてしまう人もいそうだ。

家事の場合、専業主婦が「自分の役割」と思っているところに手を出すと、「自分の役割を台無しにされた」とか「やり方に不満を感じられた」と思われる可能性がある。すぐに「それじゃだめ!」とか「私のやり方に手を出さないで!」と言われるうちは良いが、黙ってニコニコされていると分からない。男性は特にわからない。そこで「ありがとう」といった言葉がでてきたら「俺やった!!」と有頂天になりがちである。

手伝うのではなく主体的に、でも相手の立場を尊重して

手伝おうと思った時にははっきりと宣言したほうがよいと思っている。「xxをやろうと思うんだけど、いいかな?」とか「いつもやってるやり方ある?やってみたくて」といった感じで、あくまでも主体的にやる必要がある。コミュニケーションがとても大事だ。

互いに主体的に、でも役割はちゃんと分担してコミュニケーション

阿吽の呼吸でやっていける夫婦はそれでよいと思うのだけど、そうでない夫婦はちゃんと役割を分担して互いを尊重することが何よりも大事なのだろう。夫がお金さえ稼いでくればよい時代はとうに終わりを迎えている。

マミーマートの野菜果物が美味しい

きっかけはレジ袋有料化

志木に引っ越してきてから日々の食品買い出しはヤオコーだった。悪くないけど良くもないヤオコー。他のスーパーもそれほど変わらないだろうと思ってあまり行かなかった。しかし、レジ袋有料化になった後で「マミーマートは袋無料を継続」という話を聞きつけた。それまでほとんど行ったことのなかったマミーマートに行き始めたのはレジ袋のおかげだ。

たかが5円の世界なのだけど、意外とこの5円が心の片隅にささくれのように刺さって気になる。1年くらいで各社ともに無料に転じるように最近感じる。

マミーマートは野菜と果物の品質が高い

野菜と果物は安いわけじゃないけど普通のお値段で普通以上の品質がここのスーパーの特徴。レタス・キャベツは私の料理の生命線。ヤオコーで腐ったレタスをつかまされて以来、レタスにおっくうになっていた私をまたレタスワールドに引き戻してくれたのがマミーマートのレタス。いまいちなレタスにありがちな苦みが薄い。マミーマートに変えてからだいぶ買ってるけど、ダメなレタスをつかまされたことがない。また、キャベツのクオリティもとても良い。しっかりとしたキャベツで傷みにくい。ヤオコーのキャベツと何でここまで違うのか?

果物の品質は特に驚かされる。最近の旬だとみかん。ヤオコーでやむなく買ったみかんは美味しかったのだけど、マミーマートで買ったみかんを食べた後には急においしくなく感じた。美味しさのマウント。バナナ好きの我が子のためにバナナもよく買うのだけど、ここのバナナは傷んでいるものが置かれていることがほぼない。ヤオコーでの買い物の癖で全部中まで見てたのだけど、最近はあまり細かくみなくなった。マミーマートなら大丈夫。

豚肉の塊肉を常時おいている

肉と魚はわりと普通。肉は肉屋のけんちゃん一択なので仕方ない。1点だけ「豚の塊肉」が常時おいてあるのが素晴らしい。煮豚を作るのにとてもありがたい。魚類も悪くない。詳しくないので何ともなのだけど買って食べてみて失敗したと感じたことはない。昨日買ったブリが絶品だったので、魚のクオリティも高いのかも?

子供用食品は期待できない

一方で、あまり小さな子供のいる家庭はターゲットにしていないみたいで、乳幼児向けのヨーグルトや飲み物は置いていない。マミーマート全体の戦略というよりも、古い家が周囲に多いのが理由だろう。

冷凍食品も少ないかな?

冷凍食品はあまりメインではないようで、売り場の片隅にある。一般的に売られている冷凍食品が並んでいる。それほど特筆できるものはなかった。

会社のスタートが八百屋だった

会社の沿革をみたら「昭和34年 8月 埼玉県東松山市に八百清1号店がオープン。」とあったので、最初は八百屋だったんですね。創業社長がいまも会長。野菜と果物が美味しいのはもともとが八百屋だからですかね。元八百屋のプライドとしてここは頑張るってところなんでしょうか。

NADAQに上場していて、株主優待もあります。とはいえ、1000円の買い物ごとに使える100円優待なのでちょっと使いづらいかな。この会社は同じ地域に集中出店が特徴らしいので、今後のさらに店舗が増えてくれそうです。期待したい。

加齢臭を改善する。パパ臭いを言われないために

最近臭いが改善したといわれた

きっかけは頭頂部の改善。なじみの床屋で急に「最近、何かされていますか?頭頂部の毛が増えていますね」といわれたのだ。頭髪は劣化の一途でAGAの広告を見るたびにいろいろと考えてしまうのだけど、何かよいことをしていたようで頭頂部の劣化が止まって改善したらしい。

頭頂部の劣化改善は臭いの改善にもつながっていたらしく、最近異臭が減ったといわれた。自分で自分の臭いは気づけないものらしいのだけど、自分の枕がとてもひどい状態なことはよくわかっていた。あと、襟がやばい。そういえば、最近枕の臭いがきになることも襟が気になる事も減った。

改善した理由を想像する①:野菜とヨーグルト

在宅勤務が続いていて、家で野菜中心の生活になっている。また毎日ヨーグルトを食べるようになった。加えて、ラーメンやハンバーガーといったジャンクフード系が激減している。たまにポテチをこっそり食べてしまうことがあるのでそこだけは心配なのだけど、以前に比べれば劇的な改善なのだろう。

「パパ臭い」で検索するといろんな人の涙が多数みられる。私だけではなかった。こんなにも同志がいたとはと励まされた。改善したと書かれているのはどれも共通して「食生活」「適度な運動」「ストレス」の3点だ。野菜は特に通勤して外食が多いと厳しいポイントの一つ。野菜入りの食事とかすごく高いんですよね。野菜炒め定食以外に満足に取れる方法を私は知らない。

ヨーグルトのおすすめの食べ方

「ヨーグルトにドライフルーツをいれて一晩待つ」のがものすごくおススメだ。砂糖をいれることなくあまくジューシーなフルーツとヨーグルトの組み合わせは抜群。ドライフルーツがヨーグルトの乳清を吸うことでみずみずしくなり、ヨーグルトはレアチーズケーキのように硬めになる。あるいは、冷凍バナナとヨーグルトもいい。凍らせたバナナは甘みが抑えられるだけでなく食べ応えも出てくる。

改善した理由を想像する②:ストレス

在宅勤務が続くことの最大のメリットは通勤ラッシュにあわないことだ。通勤電車はどうやってもストレスから逃れられない。始発を狙っても「割り込み」「いす取りゲームの尻相撲」「座席の肘どつきあい」といったストレスに襲われる。正義と正義の戦いは誰も引くことがなく、引いた人は体をひたすらしぼませて耐えることになる。会議も在宅でいる限り直接的なプレッシャーを負うことがない。「回線きれちゃいました」でどうしてもいやな時は逃げることも可能だ。

適度な運動には子供とひたすら遊ぶのがよい

子供とひたすらに遊ぶのがよい運動になる。子供は動くのが大好きであり、意外と重たい。10キロくらいのダンベルをもって運動するのはおっくうだが、大事な子供を抱えての運動であれば楽しみながらできるはずだ。

ただし腰には気を付けよう。身近な整骨院をみつけて定期的に体のメンテナンスをする必要がある。最近はWeb予約できる整骨院もあるので時間管理がやりやすい。これは別記事にしよう。

「パパ臭い」はいずれ避けて通れないかもしれないけど、かわいいかわいいうちには言われないよう頑張りたい。

志木市でもPayPayキャンペーンが12月~1月で開催

PaypPay払いで食事するとポイントバック

Go to Eatとは別枠でPayPayがいろんな自治体と連携して、中小店舗を中心にキャンペーンを行っているようです。お隣のさいたま市でもいま開催中。

paypay.ne.jp

さいたま市は10/16まで、還元率は20%です。対象店舗は中小の店舗で飲食店以外もある模様。 リストを探したんですが見つからず。PayPayアプリで探すしかないようです。大手スーパーとかがないのでほんと中小店舗の応援中心。

志木市は対象店舗を募集中

志木市は還元率30%、でも対象は飲食店に限定しています。

志木市へ行こう!対象飲食店で最大30%戻ってくるキャンペーン « 志木市商工会

飲食店が持ち帰り店舗を対象にしているのであれば使えるんですが、志木市内であまり店舗内飲食のイメージがないんですよね。鯉清が気になるくらい?あとは駅前の飲食店でしょうか。新型コロナが怖いのでどうしても駅前は及び腰になります。

駅から離れたところの良さそうなお店があればなんですが、店内飲食はどうしても不安がつきまとう。駅前のラーメン店が対象に入れば活用してみようかなと思ってます。

今後は周辺の市でも順次開催?

さいたま市がやって志木市もやるとなったら、新座市朝霞市もやりそうです。対象店舗が店内飲食に限定されなかったらいろいろと活用できるかもしれません。

志木市のプレミアム商品券、子供当選、親落選。

プレミアム商品券、きっと全員もらえると思っていた

「応募者多数の場合は抽選で落ちることがあります」たしかにこう書いてあった。しかし、きっとみんなだいたいもらえると信じていた。 それは郵送の申し込みというのと、ネットでの申し込みもなんだかやりづらそうだったからだ。それほど申し込まれないと思い込んでいた。

現実は厳しく、家族3人中当選は1歳の1名

子供当選、親落選。ふたを開けてみたら家族3人中1人のみ当選。倍率3倍。なんて倍率だ。 新型コロナで収入が落ちる人もいるだろうし、かなり多くの人が申し込んだのだろうか?サンプル数が少なすぎるので実際の倍率はわからないが、きっと高い競争率だったのだろう。

プレミアム商品券の元本の50,000円は親が払うのだけど、得られる25,000円分の商品券は子供用品にすべて使わせてもらうことにした。子供の利益を親がかっさらってはいけない。

彼が好きなものを考えて、以下に使う予定

  • オムツ:1,200円x6袋(10日で1袋x2ヵ月)=7,200円
  • おやつ:200円x8袋=1,600円
  • バナナ:258円x8房=2,064円 合計:11,864円

オムツの取り扱いがあるのが、地域で少し高めの店舗だが、タダで手に入ると思えば別段良い気がした。おやつはいま大好物のたまごぼーろ。とても楽しそうにかつ美味しそうに食べている。バナナも大好きなので、極撰の最上級バナナを献上することにした。きっと気に入ってもらえるはずだ。

しかし、これだけ使っても全然あまる。何に使おう?ちょっとリッチな離乳食とかあればよいのだけど、ごく普通の食事の方が離乳食には良さそうだ。 あとは、かっこいい服を買ってあげようかなと思ったが、商品券が使えるお店の中に子供服はなかった。難しい。

せっかくの商品券、もっと何か使えないものか?

地産地消、いつも使わないものにもと思ったのだけど、使うのはいつものスーパーやドラッグストアになりそうだ。親が当選していれば、ちょっとリッチな食事、ずっと気になっているステーキ屋さんにいけるかと思ったけど残念。

私がイチ押しの「肉屋のけんちゃん」も入っていた。先月チェックしたときはなかったのだけど、今日見たら入っていたので元本の5万円から使おうと思う。せっかくだから、いつも食べない少しリッチなお肉をいただくかもしれない。

リストはこちら

志木市プレミアム付商品券 加盟店 – 共通券 « 志木市商工会

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 志木情報へ